プログラマーの具体的な仕事内容

最終更新日 2021年3月11日

監修・著者 プログラミングスクールアドバイザー 本田 孝一

誰でも一度はプログラマーとかコンピュータプログラマーといった言葉を聞いたことがあると思います。プログラマーとは一体どんなことをする職業なんでしょうか?簡単に言うとプログラミング言語を使ってコンピュータで作動する何かのソフトやシステムを作る事です。

 

プログラミング言語というのはコンピュータが理解できる言語という理解でOKです。いろいろ種類がありますが、プログラマーはそれを駆使してコンピュータに命令を出します。正しく命令を出すとコンピュータは理想通りの動きをします。今はスマホやパソコンはもちろん、家電製品や金融システムなどありとあらゆる場面でコンピュータが使われています。プログラマーを生活やインフラ、仕事を支える土台部分で活躍する職業です。

 

プログラマーは職務内容が幅広い

プログラマーとはコンピュータプログラムを書く仕事をする人ということは分かりました。しかし具体的に言うとプログラマーは活躍する場面がたくさんあって、それぞれの職種に応じた働きをします。例えばゲームをプログラムする人はゲームプログラマーとして働きます。仕事内容としては、仕様通りに音楽や動きや演出がなされるかを考えてプログラムを組んでいきます。C言語やSwift、Objective-C、Javaといった言語がよく使われます。

 

Webプログラマーというのもいます。Web上で使用できるソフトを組み上げる仕事ですが、ショッピングやブログなどありとあらゆるサービスがえんかつに機能するようにします。SNSもWebサービスの一つとしてプログラミングされています。

 

高度な技術を持つ製品もプログラミングする

家電製品や車もプログラマーの仕事の対象となります。カメラや炊飯器、冷蔵庫や洗濯機などの家電、工場のロボットなどはどれもプログラムによって作動しています。パソコンだけを使ってプログラミングするのではなく、他の制御のためのハードウェアを動かしながら組み上げていきます。電子機器の組み立ては専門スキルが必要となるため高度な知識が必要になってきます。

 

どんなものを作りたいか考えて選ぶ

プログラマーはこのように色々な活躍の場があります。それぞれの場面に応じて必要なスキルやプログラミング言語も変わってくるでしょう。そのためまずはどんな目的でプログラマーになりたいのかをよく考える事が大切です。目指すべき目標が分かれば、言語など学ぶべき内容も見えてきます。

監修・著者 プログラミングスクールアドバイザー 本田 孝一

元プログラマー・SEです。システム開発やプログラムの仕事に従事してきました。

読んでおきたい記事

プログラマーになるには
プログラマーに向いてる人
具体的な仕事内容
無料でも学べます
オンラインでも学べる
就職、転職に有利なスキル
プログラマーの年収平均
独学がうまくいかない理由
学ぶべきWeb開発言語
プログラミングスクールの相場料金

PAGE TOP