プログラミングスクールで学ぶべきWeb開発言語とはなにかを説明します

Web開発言語とは?

Web開発言語というのは、Web開発をする時に使うコンピュータ言語のことです。外国人とのコミュニケーションを図るには特定の言語をマスターする必要があります。コンピュータとのやり取りにおいても同様のことが言えます。

 

特定のプログラムが作動するようにシステムを開発するには、その処理を行わせるための「命令系統」つまりコンピュータ言語をマスターしないといけません。Web開発とはWeb上で使われる様々な機能を作動させるようにプログラミングすることです。例えば検索エンジンやSNS、ECサイトなどの機能はWeb開発の一環です。そしてその開発のために必要な言語がWeb開発言語となります。

 

表示関連で必要な言語

まず絶対に学ぶべきなのはHTMLとCSS、そしてJavaScriptです。HTMLという言葉は有名なため多くの人が知っているはずです。HTMLは簡単に言えばグーグルやFireFoxなどのブラウザで文字や写真などの内容や配置などを決める時に使う言語です。CSSはHTMLの情報を補完するようなもので、色付けや配置の体裁、大きさなどを決定する言語です。

 

JavaScriptはWebページに動きをもたらす役割をします。例えばフォトスライドやフォーム上での数字の計算、クリックすると特定の文字が現れるといった動きを生みだします。Webページにおける情報の表示に置いてこれらの言語は欠かせないものです。初心者であればまずはHTMLとCSSを学ぶ必要があります。

 

データ処理で必要な言語

様々なデータを処理する際に使われるコンピュータ言語も習得する必要があります。中でもJavaとPHPは覚えておきたい言語です。Javaはアンドロイドのアプリではそのほとんどにおいて利用されているほど汎用性の高い言語です。

 

またSNSの代表格であるTwitterもJavaによって開発可能なものです。プログラミングにおいて使われる言語の中では常にトップクラスの人気を誇る言語です。PHPはWebアプリの開発に特化した言語です。分かりやすい使用例としてはアクセスカウンターやショッピングカート、掲示板のコンテンツなどに使われます。ブログの最新記事をトップに持ってくるようにしたりすることも可能です。PHPをプログラミングの言語としては高い人気を持つものです。

 

オンラインプログラミングスクールで基本を学ぶ

学んでおきたいWeb開発言語をいくつか列挙しました。これらの言語を全て独学で学んでいくのはなかなか大変なことです。そのためプログラミングスクールなどで体系的にプロの指導のもとに学ぶのが効率的です。専門学校や大学でなくてもオンラインのプログラミングスクールでこれらの言語をカバーする事は可能です。まずは何を開発したいかを見定めて、それをカバーする講座を提供しているスクールを利用してみると良いでしょう。

プログラミングスクールランキング


▲ ページTOP