使いたい便利なWeb開発ツールをご紹介 | Webエンジニアに必要なスキル

知っておきたい「Web開発ツール」とは

Webという言葉は今では誰でも耳馴染みのある言葉になっています。Webはネットを利用して情報を見たり自分から発信する仕組みであり、これによって世界中の情報がパソコンやタブレットなどで手に入ってしまいます。Webは今や生活になくてはならないほどの位置を占めていて、様々なサービスの開発にも余念がありません。開発にはそれなりのスキルが求められます。

 

例えばWebサイトを立ち上げるのにも、ある程度のコンピュータ言語を用いる必要があります。高度な機能を組み込みたければスキルも高めないといけません。しかし開発をするのに役立つツールもいろいろとあります。例えばWEB開発ツールを利用することで自分が作ったサイトを分析したり、他の人が作ったサイトを分析して参照することも可能になります。Web開発ツールとして初心者がおさえておくとよい代表的なものを紹介します。

 

初心者はまずChromeDevToolsを使ってみよう

まだあまり開発になれていない人は、Googleのブラウザに搭載されている開発者ツールを使ってみると良いです。これを使うとWebページの開発がよりスムーズになります。このツールはChromeのブラウザを持っていればいつでも利用可能です。どんなことができるかというと、例えばソースコードを表示させて内容を検証する事が可能です。またスマホやタブレットなどのモバイル端末でどのように表示がされるかのエミュレーションも利用可能です。CSSコードの変更をシミュレーションできたり、

 

プログラミングなしでアプリ開発可能なツール

スマホアプリなどを自分で製作出来たら非常に楽しくなります。しかしプログラミングが難関で壁にぶちあたってしまうという人は少なくないでしょう。そこで利用できるのが専門知識無しでも開発できるツールです。中には銀行が利用しているものもあって本格的な仕上がりになっています。この種のツールとしては例えばYappliやAppBuilder、Brandといったものがあります。これらのソフトを使うとアンドロイド系やアップル系のアプリを比較的簡単に作成可能です。ここで挙げた様なツールはだいたい初心者向けのツールです。中には無料で使えるものもあります。まずはこうしたツールでアプリ制作の楽しさに触れ、慣れてくるにつれて複雑なプラグラミング言語の造詣を深めていくのも手です。

 

Web開発は便利なツールがいろいろと出てきていて、今や誰でもプログラマーになるのも夢ではないほど身近なものになってきています。

プログラミングスクールランキング


▲ ページTOP